滅菌・消毒 院内感染防止対策

私たちは患者さんの安全を考えています。

お口の中で使う器具や道具はすべて滅菌・消毒致します。

院内感染という言葉を聞いたことがありますか?
院内感染とは、医療施設内でエイズウイルス、肝炎ウイルス(A型・B型・C型など)が、違う患者さんから他の患者さんへ感染することをいいます。
 

医院内の感染予防対策が不十分だと、歯科治療を受けている間に感染してしまうおそれがあります。
私達は、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、院内感染対策を実施し、清潔で安全な環境づくりに努めております。
 

患者様自身が申告するしないにかかわらず、院内感染を決して起こさないことが、患者様に対する最低限のマナーと考えています。いかに審美的に噛めるように治療されても、患者さんから患者さんに病気を移したのでは、医療人として失格です。

当院の滅菌の手順

滅菌消毒1
滅菌消毒2

オゾン水に浸透

使用器具をオゾン水に浸透させて流します。
オゾン水の原料は水と酸素だけで、塩素などの添加物は一切入っていません。

オゾンが分解時に発生する酸素原子の強力な酸化力で細菌を瞬時に死滅させ殺菌します。

滅菌消毒3

超音波洗浄

超音波洗浄器で細かな部分や見えないように付着した血液などを分離、洗浄します。

滅菌消毒4

洗浄と滅菌パック前の乾燥

基本的に手洗いなどで器具に触ることを避け、洗浄機を使います。滅菌パック前の水分拭き取りは手でせずに自動乾燥機で行っています。

滅菌消毒5
滅菌消毒6

滅菌パック

滅菌用パックの耐熱シートに基本セット別にいれて、シーラーで封鎖します。

高圧蒸気滅菌器用のかごに入れて滅菌準備が整います。

滅菌消毒7
滅菌消毒8

オートクレーブ
高圧蒸気滅菌器

高温・高圧の蒸気で滅菌します。細菌やウィルスを完全に死滅させます。

これら滅菌機をフル活用しています。

滅菌消毒9

小型蒸気滅菌器

高温で一定時間の滅菌をオートクレーブで行うため、上記のオートクレーブと分類して対応しています。

滅菌消毒10

ルブリナ

ハンドピース(歯牙切削器具)の自動洗浄・注油システムです。

オイルをハンドピース内部に注入し、ディスペンサーによって内部の隅々まで汚れを取り除く装置です。

滅菌消毒11
滅菌消毒12

ホルマリンガス滅菌器

オートクレーブ(高温処理)できない器具、たとえばプラスチック製やゴム製などをガスで滅菌処理します。

滅菌消毒13
滅菌消毒14

滅菌後保管

滅菌した器具を保管庫(紫外線殺菌)に保管します。
上は歯科医院専用紫外線保管器です。滅菌された器具を無菌状態で保つための保管器です。
下も紫外線保管庫です。
患者様に使用するまで保管されます。

滅菌消毒15
滅菌消毒16

使い捨て(ディスポーザブル)

ディスポーザブル(使い捨て)を基本的に行っています。
・グローブ(手袋)
・紙コップ
・エプロン
など、患者様毎の交換で院内感染防止対策を行っています。
上の画像は常に在庫を保管している棚です。

下の画像はグローブ(手袋)など頻繁に交換しますので大量の廃棄物が発生します。
これらは医療廃棄物として処理されます。

滅菌消毒17

完全個室の診療室

当クリニックは院内感染防止対策として、個室診療室で治療を行っています。これは患者さんのプライバシーを守るだけではなく、治療時に歯を削る時、削りカスや血液が粉塵として空気中に飛散し舞い上がります。
これらから患者様やスタッフをガードするためです。

また、舞い上がった粉塵は他の患者様も吸う事になり粉塵感染します。この感染を防ぐため、粉塵を口元で吸い取ってしまう口腔外バキューム装置をユニットに設置しています。

メニュー
HOME
医院案内
診療案内
ホワイトニング
滅菌消毒
スタッフ紹介
お問合せ
予診票 初診の方に便利です